4気筒マルチエンジンに惹かれたバイク小僧たつのまことが語る

4気筒マルチエンジンに惹かれたバイク小僧たつのまことが語るブログ

けっこう大事!人気のないバイクを長く乗り続けることの注意点!

読了までの目安時間:約 4分

 

 

今回は人気のないバイクを長く乗り続けることの注意点についてまとめておこう。

 

新しいバイクは全く問題なし。人気があろうが、無かろうが10年は問題なし。

 

古いバイクでも人気があれば問題なし。人気があれば需要が高く、メーカーも古くても腰をあげて動いてくれたりする。もちろんカスタム販売のメーカーも動く。

ただ古いバイクで人気がないとちょっと考えないといけない。

 

 

それは・・・・

古いバイクになるとパーツがなかったりする。

 

 

大概のパーツは違う車種の同型のものを汎用したりすればけっこうなんとかなったりするものだけども、エンジン関係のものはけっこう違っていたりするので、注意がかなり必要。

 

僕自身経験があるんだけど、エンジンの調子が悪くなって、オイル漏れをしている状態だったので、お金がかさんでも直そうと思ったのにもかかわらず、パーツ自体がなかったりしました。

 

ピストン・ピストンリングがなかったです。メーカー・パーツ屋・ネットどこにもない。。。

 

割れてなければピストンはまだ使えるにしてもピストンリングが交換できないのはかなり痛いです。

同じエンジンでないとピストンリングなど微妙に径が違うので、汎用ができません。

 

それこそボーリングしたりして、他のピストンリングをかましたりなどできるかもしれませんが、挑戦もいるし、修理業者の力量もかなり入ります。普通のバイク屋ではまずできないでしょう。

 

そうならないように部品の確保は非常に重要。

絶版して20年近く経っていたらけっこうヤバイです。

 

マニアな感じでパーツを持っている人がネット上などに出店していたり、海外のパーツメーカーが日本の在庫としてもっていたりなど、調べるところも国外やオークションの運だよりという感じになります。

 

直したいときにすぐ直せない。

 

そういうのもけっこう普通です。もうエンジンが終わったから乗らなくていいや。廃車にしようとすぐあきらめがつくのであればいいのですが、このバイクでずっと乗り続けたい。

 

そう思うのならバイク自体を大事にするのも大事ですが、パーツ自体も確保しておくのが非常に大事かなと思います。

 

僕の話をすると、当時お金がなかったので、そのバイクは売りに出しました。パーツがあればまだまだ乗っていたのに。。。。

 

今古いバイクで人気がそこまでないバイクについては要注意です。

 

ずっと乗り続けるのならエンジン関係のパーツなど汎用ができない部品を確保しておくようにしましょう。

 

一生乗り続けたいと思った素敵なバイク。大切にしましょう!

 

 

 

 

未分類

この記事に関連する記事一覧